2019犀川漁協解禁

今シーズンの解禁日は仕事の為、翌日の日曜日に出かけてみました。 水量も少なく水色がクリアーなので川底が丸見えの場所が多く、良さそうなポイントは必ず釣り人が張り付いていました。 友達は前日の解禁日に一本ずつあげていましたが、今日はアタリもなく苦戦をしているようです。 私も朝一番に入ったポイントはルアーマンが後から数名下流に入り、動いてくれず苦戦を強いられて諦め、川の様子を見ながら移動し何とか…

続きを読む

新雪の下は氷でした

太朗山山頂は薄っすらと雪がつもっていました。 登り始めた感じはアイゼンが必要な感じではなかったので今シーズンはアイゼンを付けずに冬がおわるのかな~と思っていたら、中腹を過ぎたころから、やたら滑ります。 少し深めの雪の上は大丈夫そうなので注意しながら登っいると両脇がすり鉢状のきつい斜面で、右足が滑り、何とかこけないように左足で踏ん張ったのですが、こちらの足も見事に滑り大きくこけてしまいました。…

続きを読む

第5回CND杯

埼玉県狭山市入間川で行われたCND杯(ロッドメーカ「CND」が主催するスペイキャスティング競技会)に参加してきました。 新しい年を迎え初めての競技会なので、誰か勝ってもおかしくない大変盛り上がる競技会です、また毎回沢山のお肉やトン汁が振舞われるのこちらも楽しみの一つでした。 用意されたトン汁・縞ホッケ・手羽先・スペアリブ・ビーフロース肉塊7.5kg分 計16㎏食全て無くなり、野寺社長大変喜ん…

続きを読む

ゴジュウカラ

太朗山山頂付近の尾根を歩いていると木を叩く音がしました。 音のほうを探すとスズメくらいの鳥が木をコンコン叩いたので暫らく見ていると、体を逆さまにしてぴょんぴょん飛び跳ねるように降りています、調べてみると「ゴジュウカラ」という鳥でした。 木の皮の下にいる虫も食べるのでキツツキのようにコンコン木を叩き、「木廻り」「木巡り」「木ネズミ」「逆鉾(さかほこ)」などの別名もあるようです 漢字では「五十…

続きを読む

2019年初ニジマスin犀川殖産

年が明け犀川殖産3回目の朝は気温が-6度と今年一番の冷え込みでした。 年末までの釣り人の賑やかさはなく、静かな犀川殖産に戻っています(釣れていないので人が少ないのかも?) そんな中,何時ものように朝一番から開始すると、スイング中のラインがピタット!!止まり、合わせるとグングンと魚の頭を振る感触が伝わってきました。 40cm程の虹鱒でしたが、銀ピカ回復系で尾ひれはまるかったのですが、十分…

続きを読む