コーホーサーモン(幼魚)

可愛いサイズですが今年も居ました。

梅雨入りして犀川の水量も濁りも今のところ良い感じです、何時大きいのが出てきても不思議ではない雰囲気ですが、朝一番に入ったポイントは小さいのが一匹掛かかり手前でばらしただけでした。

気温も下がり虫っ気が無かったので時間をずらし、11時頃場所を変え再度川に入ると小さいのが1匹早々にかかり、手前まできてフックから外れて逃げていき、その後も同じくらいのサイズがかかるもやっぱり引いてくる途中でバレてしいました。小さいのでキャッチできなくても良いのですが魚種が気になってしまいます。

川の流れが緩やかになる場所になると、コンコン!!とアタリがあるけど中々かからなく、掛かっても即バレるような状況が続いていた頃、水面を漂うヒゲナガが居たので目で追っていると10cmくらいの銀ピカの魚がヒゲナガを捕食するのが見えました。
良く見ているとヒゲナガが水面に降りると食べているようです、アタリがあるけど中々かからない魚の正体はこいつだったのかもしれません、ものすごく気になるので、ウェットフライをリードとドロッパーに付け何度か流してやると、アタリはある、でも乗らない。小さいサイズのウェットがなく#8では厳しいかな~と思いながらも粘っていると、掛かった!!手前に引いてくるとなんとダブル!!ライズしていたサイズではなく少し大きめのサイズが出てきてくれたました。とはいっても20cm前後と15cmくらいの可愛いサイズです。

で、その正体は、ヤマメに似ているけど斑点が違う、ニジマスにしては鼻がとがっている。尾びれ、あぶらびれの先端が黒い、目が大きい(幼魚だから?)、鱗が剥げやすい。

これって、コーホーサーモンじゃん。

ここ数年私自身や仲間が毎年釣ってはいるけど、今回のように小さいのは初めてです。
いったいどういう経緯で毎年コーホーがいるのか不思議です。


画像


画像



画像


画像



今年の太郎山登頂 20回目


今日の天気 晴れ
太郎山神社気温 15度(PM2:30)
自宅から神社まで徒歩時間 47分


太郎山山頂からの景色
画像

画像



太郎山神社境内からの景色
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック