第一回SACC.Spey競技会

サンフランシスコ,ゴールデンゲートパーク内のプールで毎年行われるスペイ・オラマ競技会は水深90cmに立ちこみ、左右のシングルスペイと左右のスネークロールにより40度の角度変換をして投擲距離を競います。

日本国内では北海道でこのルールにより競技会が行われていましたが、本州以南では計測会という形で正式な競技会は開かれたことが無かったと思います。

そして今回、埼玉県入間市の仲間(大先輩)が中心となり世界に通用する競技者の裾野を広げるため、第一回のオラマ方式競技会を埼玉県入間川で開催することになり参加してきました。
ロッドの長さは15フィートですが、私は実釣用の15フィートロッドしかないので16フィートで練習をして当日はCND F1.5ロッドをお借りして投げることになります。

皆さん利き手でボールを投げるときは当然違和感なく普通に投げることが出来ると思いますが、逆の手でボールを投げることが出来るでしょうか?普通はまともに投げられないと思います。フライキャスティングも同じで利き手の逆の手は数日練習しただけでは思うようにロッドを扱うことが出来ず、練習していても全然飛ばないのでストレスが溜まるばかりです、中には利き手以外で投げたことがなく、左手で投げることが出来ないという人もいるかもしれません。

私は、今まで実釣で時々左手を使うようにしていたので、なんとなく繰り返し練習しているうちに形になってきたようです、まだまだ違和感があり、ぎこちないですが面白くなってきたので次回の競技会に備え徐々に左に慣れていこうと思っています。

今回の競技会を見ていて感じたことは、思った以上に皆さん普通に左右違和感なく投げているのに驚きました。
「全然左手投げられないですよ」という言葉は謙遜だったんですね。

世界のシニアクラス3位の野寺氏はシニア参加でしたが結果は一般も含めダントツの記録でした。
次回は一般で参加されるという事です。

競技会恒例の入賞者を中心とした集合写真
画像


入賞者とじゃんけん大会の商品
画像


競技会結果
画像



一般優勝者の賞品、キャスターカーゴですが、今回優勝したN津氏は前回同じ物を頂いたという事で、商品はじゃんけん大会にどうぞと言っていただきました。
そのじゃんけん大会に勝ってしまったのです。
画像



今年の太郎山登頂 53回目

今日の天気 晴れ
太郎山神社気温  10.0度(PM2:45)
表山道登山口から神社まで徒歩時間 47分

太郎山山頂からの景色
画像


太郎山神社境内からの景色
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 46

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • アイリス

    でんちゃんさん、おはようございます。

    いつも、思う事ですが、
    多くの仲間たちに囲まれて、
    でんちゃんさんは、とても、お幸せだなと思います(^^)/
    競技会もとっても楽しそうですね(^_-)-☆

    太郎山山頂からの景色、
    ススキが群生するかなたに、
    晩秋の青空や流れる雲がとっても素晴らしいです(^◇^)

    いつもお立ち寄り頂きありがとうございます(^^)/
    2018年11月08日 08:09
  • でんちゃん

    アイリスさんこんにちは。
    趣味から広がった仲間ですが、地域も仕事も年齢もバラバラなので、いろんな人がいて刺激になり、本当に幸せだなと感じます。

    秋から冬にかけ空が綺麗に見える季節です、寒いですがマイペースで楽しみたいと思います。

    こちらこそ何時もありがとうございます。
    2018年11月08日 16:01

この記事へのトラックバック