2014中禅寺湖釣行

5月31日、6月1日今シーズン最後の中禅寺湖に行ってきました~。
23時30分中禅寺湖到着、既に到着しているT氏と合流し2時に釣り券購入後、上野(こうずけ)目指して1時間ちょっとの山歩きです。
林の中の暗い夜道を歩いていきます、時々林の中で物音がする時がありヘッドライトで照らすと幾つもの光が見えます、鹿達の目です。
鹿の音とはわかっていても暗闇の物音はあまり気持ちの良いものではありませんね、今回はT氏の熊鈴のおかげでしょうか見ることはありませんでした、夜中の山歩きの名物なので居なければ居ないで寂しく感じるものです。
そして無事1番乗りで上野到着し休憩と準備を済ませた頃、男体山右から日が昇り始めます、いよいよ修行のスタートです。
画像


開始後しばらくするとT氏にヒット!「でんちゃ~ん、きた~!!」満面の笑みで声をかけてきます、みんなこの瞬間を楽しみに頑張っているんですもんね、しかしこの後、根ずれでライン切れしてしまい天を仰いでいました。
まだまだ始まったばかり気を取り直してファイトです。

渡船グループも到着しました。
到着した一部の人達はある一箇所のポイントによほど執着心を持っている方がいるようです、先行者には声をかけましょう、声をかけてくれればダメとは言わずお互い気持ちよく出来る方法を考えますよ。

この日は自分たちがイメージしていた釣りは出来ず魚の顔も見ることが出来ませんでした。

2日目
帰る事を考え近くのイタリア付近で4時から開始です。
この場所は日が当たるのが遅く中々気温が上がらず防寒服も手放せません、水温も上野と変わらなく冷たく感じます、だけど上野や千手が浜とは違い沢山の生き物がいて生命感を感じます。
ヨシノボリ、ハヤの群れ、ワカサギ、ホンマスの稚魚か虹鱒の稚魚、そしてカジカ蛙、カジカ蛙は今まで鳴き声はするけれど姿を見たことはありませんでした、探そうとして近づくと鳴き声が止んでしまったり、鳴いていても何所にいるのかわからず不思議だなーと思っていました、そして今日鳴いているカジカ蛙の姿を始めて見ることができました写真を撮ろうと少し動いただけで消えてしまいましたが、ラッキーだったと思います。

イタリア大使館別荘記念公園から朝の男体山
画像

ハヤの群れ
画像


またまたT氏にヒットです、「でんちゃ~ん、きたよ~!!」見るとロッドがしなっています、それを見て私も「オォースゲー」と声をかけます、しかーし、フッキングが甘かったのかばれてしまいました。
周辺の人達も朝一はポツポツ上げていたようですが、ライズはたまにあるものの厳しい様子でした。


朝からズートッ振りっぱなし疲れました、休憩です。
画像



休憩後やっぱり釣れないのでいつの間にかキャス練となり思いっきり気持ちよく振って今年の私の中禅寺湖は終わりです、来年はどうしようかな~、ちょっと迷っています。

T氏より本日メールで写真が届きました、いつの間にか私を撮ってくれていました、有難うございます。
首の後ろのオレンジ色は寒いため着込んでいた防寒服のフードがひっくり返って裏地が見えていました、重ね着をしていたとはいってもこうやって見るとやっぱりパンパンですね、お恥ずかし~。
画像


犀川ですがダム上も下も朝一だけで日中は厳しく、特にダム上は流れてくる草が多く釣りにならないようです。
イブニングは相変わらず大きいのを沢山釣っている方がいますが、この方は特別です。

今週末から犀川復帰します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • flyダミちゃん

    お疲れ様ですね、朝から嫌な思いをすると一日がつまらないですね、僕も芦の湖で嫌な思いをしてから足が遠のきました、ホームでもルアーマンがいきなり下流に入ろうとしたので上流からどうぞと言いましたが、最近の釣り人はマナーが悪いです、ショップでもしっかり教えて欲しいものです、ホームは水温が低めなので日中でもそこそこ釣れますよ。
    2014年06月04日 14:12
  • でんちゃん

    flyダミちゃん
    今年はホンマス・ヒメマスの釣果が良くないようです、だから釣れたという場所に集中すのでしょう。
    あまりピリピリした釣りは趣味ではないので釣れなくても犀川ののんびりした釣りが良いです、日中でもそこそこ釣れているんですね、雨が心配ですが何時もの週末のパターンに戻れるのがうれしいです。
    2014年06月04日 21:23

この記事へのトラックバック